一級建築士試験を終えて①

昨年12月20日、平成30年一級建築士試験の合格発表でした。

インターネットにPDFが掲載され、フルネームで発表されます。

発表前日は眠れませんでした…

 

12月20日、午前9時30分掲載開始

 

アクセス集中のため、なかなか見れません…

(会社のPCで仕事そっちのけで見てます。むしろ仕事どころではない 笑 )

 

しばらくして確認出来、名前を探します。

私の名前は特徴的な名前なので、すぐに見つけました 笑

 

 

泣けます。

長い道のりでしたので 笑

 

すぐに家族や友人にメールを送ります。

文章を作成する手が震えていました。

 

 

一級建築士試験は沢山受験しました。

学科は5回だったと記憶しています。

製図は2回でした。

 

合計6年間勉強したことになります。

(S資格に通っていました)

 

学科は平成29年に合格しています。

この年の合格基準点は87点、私は89点…ギリギリ 笑

 

学科試験が終わり、自己採点の結果89点で90点には到達しておらず諦めていました。

試験終了後、資格学校には行かずに普通に帰宅しました。

本来であれば学校に行き結果を報告しなければいけないようですが、例年の基準点である90点を満たしていなかったので帰りました。(不真面目)

 

次の日例のごとく営業担当より電話があり、

 

「採点結果送って下さい!」

 

と連絡があり仕方なく送ることに。

 

この年は試験の難易度が高かったらしく、88点まで設計製図の授業に呼んでいるとのことで、次の週から設計製図の授業に行くこととなりました。

 

しかし、これが地獄の始まりでした 笑