鎌倉歴史文化交流館

先日行ってきました。

オープンして2ヶ月くらい経つでしょうか。

 

あのフォスターアンドパートナーズが設計した住宅を

交流館に改修した建物です。

 

フォスターアンドパートナーズは

イギリスで活躍する建築家ノーマンフォスターの設計事務所です。

 

f:id:Rtototo:20170710132706j:plain

f:id:Rtototo:20170710131919j:plain

 

鎌倉の歴史に少し興味がありましたが、

どちらかというと建物を見たくていきました。

 

はい。大豪邸です。

住宅として使われてたと思えないくらい立派でした。

 

閑静な住宅街の一角にあります。

そのため「お静かに」の看板がありました。

住宅街にあるため日曜日は休館だそうです。

大人は300円の入館料でした。

 

私が行ったのは土曜日、鎌倉駅周辺は凄く混雑していましたが、

ここは空いていました。

まだあまり知られていないのかもしれません。

近くの甘味処は長蛇の列でした。 

 

中に入って驚きました。

壁の大理石が光っておりまして。

f:id:Rtototo:20170710132813j:plain

 

f:id:Rtototo:20170710132904j:plain

 

LEDを埋め込んでいるとのことです。

大理石はドイツの人工大理石だとか。

もう凄すぎて理解不能です。

 

f:id:Rtototo:20170710133344j:plain

 

f:id:Rtototo:20170710133423j:plain

 こんなタイルとか初めてみました。

 

地下にはもともとプールもあったようです。

今は倉庫になっているとか。もったいないですね。

 

 

f:id:Rtototo:20170710133616j:plain

 

建物は本館と別館の二つで構成しています。

広い庭もあります。

その庭ですが、山になっていて上から街を眺めることができます。

 

f:id:Rtototo:20170710133849j:plain

 

 建物が長くて全景をおさめることはできません。

とにかく使っている素材が凄すぎてびっくりしました。

 

施設としては鎌倉の歴史をわかりやすく紹介しています。

鎌倉がどのように形成されたかがわかりとても面白かったです。

 

 f:id:Rtototo:20170710133953j:plain

 

 また行きたいなーと思う建築でした。